松本市で全人的かつ全人生的な医療を提供する病院

松本市立病院Matsumoto City Hospital

  1. ホーム
  2. 当院について
  3. 病院事業管理者挨拶

病院事業管理者挨拶

コンパクトな地域密着型多機能病院

病院事業管理者 北野喜良

   松本市立病院の前身は、73年前の昭和23年10月に旧波田村の国保直営診療所の開設に遡ります(内科標榜、病床4床)。昭和26年に外科診療も加わって村立波田病院に格上し(20床)、昭和30年に産婦人科、昭和35年に小児科を標榜し、昭和48年町立波田病院と改称され(81床)、昭和60年4月に「波田総合病院」に改称し、現在地に移転改築されました(150床)。36年前のことです。当時は、「見つめよう健康・広げよう地域医療の輪」をテーマに第1回病院祭を開催するなど活気にあふれていました。
   また、平成9年には病院機能評価を受審し、長野県内で一番先に認定されるなど、時代に先んじて医療体制を整え、平成11年には増改築工事を行い病院規模は210床となりました。平成13年に第2種感染症指定医療機関(感染症病床6床)に指定され、平成16年には電子カルテ導入並びに医療相談室を設置して医療コーディネター配置、平成17年総合診療科開設、平成20年施設基準7対1取得など先駆的に取り組んできました。平成22年3月に波田町は松本市と合併し、松本市立波田総合病院となりました。その2年後の平成24年に病院名を「松本市立病院」と改称し、現在に至ります。

   現在、移転改築から36年経過し、施設の老朽化と狭隘化への対応、動線や構造など施設の機能としても改修が必要な状況となっています。病院建設事業については、平成26年から具体的な検討が始まり、平成30年3月には「松本市立病院建設基本計画」が策定され議会で了承されました。しかし、病院経営は4年連続赤字決算となり、抜本的な経営改革に取り組むため、平成30年8月に建設事業は一旦延期され、経営改革に取り組んできました。その結果、令和元年の経常収支が黒字決算となり、令和2年松本市議会6月定例会で病院建設事業の再開が了承されました。病院局内部で松本市立病院建設基本構想を錬るとともに、外部の俯瞰的視点からの検討が必要であるとして松本市立病院建設専門者会議が設置され、提言が市長に提出されました。病院局構想と専門者会議提言をもとに松本市立病院庁内調整会議において検討が重ねられ、令和3年6月に市立病院建設基本計画見直し骨子(案)がまとまりました。その後、説明会及びパブリックコメントを実施し、意見等を反映させた「市立病院建設基本計画見直し骨子」(以下「骨子」:新病院計画一覧にある関連ファイル参照)は、9月21日の市立病院建設特別委員会において了承されました。また、建設候補地は波田中央運動広場に決まりました。

骨子では、「地域における役割」を以下のようにまとめています。

・ 今後、複数疾患を抱える高齢患者の増加が見込まれるので、全人的全人生医療の提供を行えるよう、体制を整備する。
・ 松本西部地域の基幹病院としての役割を果たす。
・ 地域密着型の在宅療養支援病院として、西部地域の地域包括ケアシステムの一翼を担う。
・ 松本広域圏唯一の公立病院として、周産期医療、小児医療、へき地医療、感染症医療、救急医療などの政策医療を担う。
・ 認知機能の予防も含めた全市的なフレイル予防センターとしての機能を新病院の特色として据える。

   また、経営方針については、「持続可能な経営を行っていくために、将来を見据えた財政計画を立てる。」、「病院の経営形態については、地方公営企業法全部適用を継続する。ただし、独立行政法人化についての調査研究を継続して行い、地方公営企業事業管理者による改革実績を見極めた上で、地方独立行政法人化を検討する。」、「人件費比率(給与費比率)(非常勤を含む)の目標値を65%とし、開院3年後の目標達成を目指す。」、「病院建設事業コストの縮減対策を十分講ずる。」などと明記しました。 今後、骨子に基づいた建設基本計画を令和3年度中に策定し、令和8年の開院に向けて準備を進めていく計画です。

   日本の疾病構造は、人口減少・少子高齢化社会への加速度的進展によって急速に変化しつつあります。さらに、新型コロナウイルスなどの新興・再興感染症蔓延、地球温暖化による環境変化と大規模災害の頻繁化が私たちの生活・健康に影響を与えるようになって来ました。10年,20年先を見据えつつ、こうした社会・環境の変化・多様化にも順応できる病院づくり・街づくり・地域づくりができればと思っています。

   新型コロナウイルス感染症対応については、ここでは詳細を略しますが、引き続き感染症指定医療機関としての役割を果たしていきたいと思います。当院の取り組みについては、中村雅彦著「松本モデルの挑戦」にまとめられていますのでご覧いただければと思います。

   以上まとめますと、松本市立病院は、制約のある中、COVID-19と闘いながら、経営改革を行いつつ、新病院事業を進めていきます。そして地域と時代に合った「コンパクトな地域密着型多機能病院」をつくっていきます。末尾になりましたが、当院の「新型コロナウイルス感染症」診療に対して多くの皆さまから応援や励ましをいただき元気をいただいています。誠にありがとうございます。

今後とも、皆さまのご理解とご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

令和3年11月更新

関連ファイル

新病院構想のイメージ図 松本市⽴病院建設基本構想 新病院計画一覧(松本市立病院からのお知らせ)

一覧に戻る