松本市で全人的かつ全人生的な医療を提供する病院

松本市立病院Matsumoto City Hospital

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 看護部
  4. 外来・手術室・病棟

外来・手術室・病棟

外来

基本姿勢

  • 目配り・気配り・心配りの行き届いた外来看護を提供します
  • 外来患者さんのプライバシー保護に配慮した環境を整えます

私たち、外来看護を紹介します

外来は病院の顔として受診者へ安全・安心、思いやりの看護をモットーに診療提供をしています。また、住み慣れた地域で安心して日常生活が送れるように、多職種と連携して継続看護に取り組んでいます。
現在は、感染症指定医療機関として、専門外来・チームを主に感染拡大防止策の徹底、感染医療の提供に尽力しています。特殊外来も多く設置し、各分野で専門性の高い医療・看護が提供できるように自己研鑽し対応しています。

中央手術室・中央材料室

基本姿勢

手術室

患者さんの安全、自分がすべき事を常に考え行動します。手術室のプロとして、手術室看護の専門性を高め、知識・技術を磨き、患者さんに質の高い看護を実践し、安全で安心できる看護を提供いたします。

中央材料室

日々の医療・看護に使用した物品を回収し、物品に合った確実な洗浄・消毒・滅菌を実施し、安全で安心して使用できる器材・医療材料を提供いたします。

私たち、手術室を紹介します

手術室では、7診療科の手術を行なっており、術式は多岐に渡ります。スタッフは、患者さんが人生の大きなイベントである手術に安心して臨めるよう、手術前に病室へ訪問し、丁寧な説明を心がけているとともに、日々知識・技術の研鑽と向上に努めております。
材料室では、日々の医療・看護に使用した物品の確実な洗浄・消毒・滅菌を実施し、安全で安心して使用できる器材・医療材料の提供を心がけております。

3階病棟

基本姿勢

  • 集中治療室を有し、急性期・亜急性期の患者さんに高度な医療を提供します。
  • 地域特性を考慮し、連携の必要な患者さんや緩和ケア対象の患者さんの穏やかで、安心、安楽な環境を提供します。
  • 中信地域の感染症発生時の2類感染症への速やかな対応をします。

私たち、3階病棟の看護を紹介します

内科・外科・整形外科・脳神経外科・泌尿器科の主に急性期治療と看護ケアを提供する病棟です。
HCU(ハイケアユニット準集中治療室)では、手術後や重症患者さんの集中治療看護をおこなう治療室です。救急または急変した重症患者の受け入れ等の治療がおこなわれています。
緩和ケア認定看護師も在籍しており、終末期における苦痛コントロール・緩和ケアにも携わりながら、寄り添う看護を心がけています。
一方で感染症看護も提供しています。急性期病症との交差を徹底的に避けて、管理し感染症病床を運営しています。

4階西病棟

基本姿勢

  • 女性の一生にかかわる病棟として、ひとりひとりの尊厳を尊重し、個々のニーズにお応えした看護を提供します。
  • 病棟の特徴を活かし、専門性を発揮するなかで、24時間365日最善の看護を提供します。

私たち、4階西病棟の看護を紹介します

産婦人科・小児科を有し、急性期病棟として診療科全般に患者さんを受け入れています。
一般病床としては急性期から終末期まで、様々な疾患に対応しています。
産科と小児科が連携し、両親学級、助産師が依頼、ママフィットを定期的に行いながら、母子ともに安全安心な満足できる周産期医療を提供します。

4階東病棟

基本姿勢

  • 急性期の治療を終えて他施設からの転院、院内急性期病棟からの転棟患者の受け入れをし、集中的なリハビリ治療を提供し、患者の在宅での生活、社会復帰を目指します。
  • 多職種が協働し、患者のADL能力を高め、目標を持って「できる」事を増やし、患者・家族を支援します。

私たち、4階東病棟の看護を紹介します

当病棟は、急性期の治療を終え他施設からの転院・院内の急性期病棟からの患者さん(基準で定められている疾患の対象患者:1)脳血管疾患2)整形外科疾患3)外科手術後、肺炎などの廃用症候群など)の受け入れをし、1日4単位(1単位20分)以上の集中的なリハビリ治療を提供し、患者の在宅での生活、社会復帰を目指しています。
専従医師・看護師・セラピスト・MSW・看護補助者・栄養師・薬剤師など他多職が協働し、カンファレンスを行うことで、患者さんのADL能力を高め、目標を持って「できる」事を増やし、退院できるように支援しています。

5階病棟

基本姿勢

  • 患者さんが病気や障害を持ちながら、生きようと前向く姿、想い、患者さんがこれから、どこで、誰と、どのように過ごしたいか。患者さんの深い思いを私達は精一杯ささえ、寄り添うことを心がけています。

私たち、5階病棟の看護を紹介します

急性期治療が終了し、すぐに、在宅や施設に退院するには不安のある患者さんに在宅復帰に向けての準備を整え、退院支援を行っています。
また、在宅退院されたご家族の介護負担の軽減として、一時的に病院に入院していただいて、*神経難病・癌・医療処置(人工呼吸器・気管切開・警備栄養・胃瘻(腸瘻)などの管理をされている介護者の負担軽減を実施しています。
教育入院、短期滞在手術、短期検査入院の患者さんの受け入れ看護をしています。
認知症認定看護師と共に、認知症の看護に取り組んでいます。

一覧に戻る